トップへ戻る
カンバーランド長老キリスト教会
東小金井教会
牧師の紹介




1951年 九州の佐賀県小城市に9人兄姉の末っ子(七男)として生まれる。桜岡小学校、小城中学校、県立小城高等学校を卒業し、日本大学理工学部(夜間)土木工学科卒業。 卒業後、同大学土質研究室の副手として一年勤務、その後同大学院土木研究科に進学し、卒業。 その後、東京神学大学学部3年に編入し、同大学院神学研究科を卒業(1981年)

 土木師(どぼくし)になろうと、土の研究に勤しんでいたら、いつの間にか土(ど)が取り除かれて、牧師(ぼくし)になっていました。

 神学校を卒業後、町田市玉川学園にある成瀬教会に伝道師、牧師として23年奉職。その後、介護士として2年間、埼玉県深谷市の老人保健施設にて勤務。 2006年に、ここ東小金井教会の牧師として就任、そして現在に至る。

 家族は、妻、そして二人の息子現在共に大学生。 趣味は読書と山歩き(現在、時間が取れずできていない)。 現在は、教会と地域に仕えながら、週2日、近くの高齢者施設で仕事しています。

 人生の中で、幾つかの出来事で考えさせられたこと、教えられたことなど、今後少しずつ書いていきたいと思っています。

 @高校時代、山岳部に所属し、近くの山でおきた遭難事件。
 A大学卒業直前、住んでいたアパートが火事になり、その時に動転した人々を見たこと。
 B日大の大学院を卒業し、神学校に導かれたこと。
 C結婚し、最初に与えられた長女が、2歳になる1ヶ月前に突然の事故で窒息死したこと。
 D自ら体調を崩して、心療内科に通ったこと。


ホームページの開設だけで精一杯で、今のところ余裕がありません。技術力不足です。
 ごめんなさい。