私たちの教会の紹介

 

 東小金井教会は、1964年に淵江淳一牧師によって開拓され、小金井市中町の借家で産声を上げました。その後、1968年現在の地に移り、教会堂・牧師館を建て上げて今日に至っています。牧師は2006年4月より、5代目として香月茂牧師が就任しています。

 

東小金井教会の正式な名称は、<カンバーランド長老キリスト教会東小金井教会>と言います。

カンバーランドとは、アメリカ中南部ケンタッキー州、テネシー州にまたがる地方の名前で、1810年にこの地方で生まれた教会なので、その地名にちなんでいるのです。そして、私たちの教会はプロテスタント教会で、宗教改革者カンヴァンの系統を汲む長老派の教会であり、<カンバーランド長老キリスト教会>なのです。

 

 日本には、明治の初期に、ヘール兄弟ら多くの宣教師が米国から送られて、主に大阪、和歌山、紀伊半島での宣教によって、多くの教会(20近く)が建てられていきました。また教育の面でも良い働きをなし、大阪女学院を、河内長野の清教学園を創立していきました。こうした教会や学校は、その後、日本基督教団や日本キリスト教会の中に組み入れられて活動をなしています。現在の私たちのカンバーランド教会の群れは、戦後に、再び米国からの宣教師によって、宣教支援を受けて、教会が建てられていった教会の群れです。現在、日本には、神奈川県に8つ、東京都に4つ、千葉県に1つ、そしてブラジルに1つの教会があります。

 

 カンバーランド教会の群れは、主にアメリカ合衆国に多くの教会があり、グローバルな教会として南米コロンビア、中国の香港、隣国の韓国に教会があり、さらにラオス、モンゴル、フィリピン、カンボジアでの宣教活動をしています。